読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のことが嫌いで仕方がない

 

私は自分のことが嫌いだ。

 

なぜか物心ついたころから自分のことをあまり好きではなかった。成長するほどに勉強ができない自分、友人が少ない自分、何事も人一倍二倍は頑張らないとやっていけない自分が嫌だった。ずっと自分が嫌いだった。自己否定ばかりで自分に自信が持てないことも情けなかった。前向きに生きていけなくて申し訳なかった。何かにというわけではなかったが、世間の全てに申し訳なかった。

 

ただただ虚しくて涙が出る。なんで病気になってしまったんだろう。どうしてこんなネガティヴになってしまったんだろう。今は休養が大事だと言われても休養をとることに罪悪感を感じてしまう。こんなこと言いたくないのだけど、生きてることが申し訳ない。私なんかが生きていて申し訳ない。周りに迷惑ばかりかけて、協調性も足りなくて、気を使わせてばかりでごめん。

 

虚しくて涙が出る。でも時間が経てば涙もおさまる。そうやって時間に身を任せて過ごしていても虚しくて辛くてその気持ちは消えない。

 

心のどこかにぽっかり穴が空いている。その穴が私の自尊心や全てを吸い込んでブラックホールのように私を飲み込んでいる。運動や瞑想ではなんともならないんだよ。無責任なアドバイスはいらない。私の存在すらも要らないの。ごめんね。私は自分が嫌で、なんとか頑張りたくて、なんとか自信を持ちたくて足掻いて、でも上手くいかなくて悲しくなってしまっているのかもしれない。また時間に身を任せれば少しは気持ちも楽になる。そう信じて今夜は眠ることにする。

 

 

自分に自信がもてない

 

 

なぜだがわからないけれど自分に自信がもてない。根拠もないのに世間に対する申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

 

仕事をしても、恋愛をしても、どうしても自分に自信がもてない。周りが私をそれなりに評価してくれていても、私が私自身を受け入れられない。それが辛くて申し訳なくて涙ばかり出て、それでさらに自己嫌悪。どうして病気になってしまったんだろう。なんで周りの気持ちをちゃんと受け入れられないんだろうって全方位に申し訳なくて消えてしまいたくなる。

 

もっと素直に他人の好意を受け入れたいのに。自分が自分を否定する。お前なんてクソだって言ってくる。みんなどうやって自分を受け入れているんだろう。どうしたら自分に自信がもてるの?私は私が嫌いで仕方がなくて、それが申し訳なくて、自責の念ばかりが積もっていく。上手く生きられなくてごめんねって誰かわからない誰かに謝っている。私が私でごめんね。でも運動や瞑想ではなんともならないんだよ。

 

ブログに反応を返してくれる人に救われている部分は多分にある。ありがとう。私の話を聞いてくれてありがとう。死にたいとは思わないけど消えたい気持ちはあるんだよ。でもそんな私の話を聞いてくれてありがとう。他人の評価が私の全てだという生き方から卒業したいけど、どこから手をつけたら良いのかわからない。みんなどうやって自分を受け入れているのか教えてほしい。虚しさで潰れそうな心の穴をなんとか誤魔化しながら毎日を過ごしている私の、みっともないブログを読んでくれてありがとう。

 

 

優秀さより愛嬌のほうが必要だと思うことについて

 

私は色々とダメなところばかりの人間だけど、最近は社会でやっていくために何より大切なのは技術などよりも愛嬌なのではと思うことがある。

 

どんな振る舞いをしても誰かには気に入られ、他の誰かには不快に思わせてしまう。それがとても怖くて口を閉ざしていたら、無口であることを不快だと感じる人もいるということに気づいた。

世の中でやっていくための技術なんてものはやっていくうちに身につくものだけれど、他人に気に入られる能力は日常をこなすだけでは身につかないものだ。たくさんの人を笑顔にして嫌われないだけの愛嬌がある人を、いつもいつも羨望の眼差しで見つめていた。私にとっては優秀であることより何より愛嬌があることのほうが余程重要なのだ。可愛げのない私には、それは代えがたい宝物のように感じる。

 

愛嬌があれば多少の失敗だって許される。「この子だから仕方ない」と思ってもらうのは意外と重要で、ある程度許容された環境のほうが人はのびのびと生きられるものだ。そうやって妬み、羨んでも欲しいものは手に入らないのに。

 

自分の自信の無さを何かで埋めようという行為に疲れているのにそれを止めることができない。誰かに認められないと自分を認められない自尊心の低さをなんとかしたいのだけれど。

自意識過剰気味に月間PV&収益報告をするプロブロガー風の記事を書いてみた

 

みなさん!!

 

 

こっんにっちはー!!!

 

「お腹の底からうんちょこちょこぴー!」というブログを運営してますっ、春乃ぱるぷんてです!!

 

久しぶりに自己紹介しちゃったwww僕のことすでに知ってる人はすんませんw

 

 

本当は教えたくないんですけど、今月のPV報告しちゃいます!デデン!

 

 

月間30万PV!!収益は10万円でした!!

 

まじで最初「まじで!?」ってMacBookを二度見しちゃいました。

たかだか雑多な個人ブログがこんな儲かっちゃうなんて申し訳ないです。本当にみんなありがとう!!

 

 

・なぜ30万PVを達成できたのか

 

みなさん気になるのはここですよね。ちなみに僕はプロブロガーのブログサロンとか、一切参加してないです。だってブログにアイデンティティとかも示していきたいじゃないですか。だから自分なりにどうやったらアクセスが伸びるのかはいろいろ検証してました。その結果がこれです!!

 

・流行りものには福がある

 

今月は「バゲッドモンスター」と「プロローグシンフォニアⅩⅤ」が発売されたのが大きかったですね。

この二つのゲームに関する記事を1日1本書きました。SEOを意識して書いたので、検索流入も先月よりありました。

やっぱり流行りものには福がある!!福を授かりながら自分らしさを出せたら一番良いですよね。

 

・PV数や収益よりも大切なのは読者に気持ち良く読んでもらうこと

 

はい、ここテスト出ますから。

 

なんていうか、PV数とか、いくら儲かったとか、そういうところだけみて満足したらプロブロガーとして失格だと思うんですよね。もっと人のためになるような情報とかも発信していけるような、社会に貢献できるプロブロガーの道を開拓していきたいんです。

 

そのためには今、この瞬間、このブログを読んでくれている読者の方々ひとりひとりを大切にしていきたいんです。毎日のようにブクマしてくれるエリンギさん(id:eririri)とか、まじで本当に感謝しかないです。だから今はただまっすぐに書くことと向きあっていかないと。

そう考えると月間30万PVなんて味噌カスみたいなもんですね。もっと上を目指していくぞ!!

 

・今後の展望

 

実は何も考えてませんw

 

というか、まだまだ駆け出しのプロブロガーですし、もっと推敲して記事のクオリティを上げていきたいっすね。アフィ収益が貯まったら自分のブログメソッドを同じようにプロブロガーを目指してる人達に教えられるような場を作れたらいいかな...とは思います照 そういう場が欲しい人はいつでも言ってください!人と人のつながりはプライスレスだから!

 

 

これからも読者の方々がどんな記事を読みたいと思うか考えていきながら、精進していきますのでよろしくお願いします!!

 

 

わっしょい!!

 

 

 

 

 

F欄大学出身であることを言い訳に勉強や仕事から逃れることについて

 

久しぶりの言及です。

 

「就職しません」宣言から半年。ぼくはブログの収入で1人暮らしを始めました - いわタワー

 

いわタワーさんのこの記事。最近よくあるブログで生計を立てていく宣言のひとつではあるんですけど、私はなんかこの記事を読んですごくもやもやしました。

 

いわタワーさんはブログで稼ぐ動機のひとつとして

ぼくは1秒でも早く自分の力で自立して生きたいと思っていたからです。

 

と書いていました。しかし一方で

 

行動を起こして楽しく生きているぼくと、踏みとどまって不満を抱えたまま生きている人の間には何の差があるんでしょう?

そこに才能や潜在能力の差なんて微塵もありません。

あるのは新しいことに挑戦するために少しの勇気をもっていたか否か、たったそれだけなんですよ。

むしろ才能や潜在能力なんて、そこらのFランク大学に通っているぼくよりも、あなたの方が数倍上なはず。

 

とも主張しています。このあたりで私は「あ、この人は就活しない理由を自分がF欄大学出身であることを言い訳にしたいだけだな」と思いました。

すでに「F欄大学」という言葉は差別的な言葉として扱われることが当たり前のようになってしまいました。その言葉の定義すらも使う人によって様々で、あいまいです。

いわタワーさんは自分はF欄大学出身で能力も高くないが、勇気次第でお金を稼ぐことだってできると言いたいようですが、「F欄大学=能力が低い」なんてそんなわけないじゃないですか。いわタワーさん自身の能力が低いなら、ただそれだけ書けばいいはず。他のF欄大学出身の人に対して厳しい表現だなと思いました。

 

私は学歴問わず様々な分野で努力している人をいっぱいみているので、なんだかとても嫌な気分になりました。自分への戒めでもあるのだけれど、人をカテゴライズしてそれを言い訳にして、今立ち向かうべき障害から逃げるのはやめたほうがいいです。

 

いわタワーさんはブログで生活できるくらいお金を稼ぐと宣言したのですから、数年で諦めずに是非その道を貫いてください。そして自分の価値観の反対にある人の存在を否定するのではなく、その人の声に耳を傾けてみてください。

 

ブロガーが社会的に認められ正式な職業として受け入れられるよう、私も応援しています。

 

 

おわり

 

いつもより早い積雪に少し浮かれた私は傘をささずに空を見上げたりして、「あぁ、雪って綺麗だな」と思った。

どうしても日常のこと優先で、やれ交通が動かないとか諸々不便なことが多くて憂鬱な雪だけど、何も考えずに空を見てたら心が落ち着いた。でも雪が切々と降ってるのに傘ささないとかただの怪しいひとだと思われるだろうな。そう思いふと下に目をやると、ショルダーバックのチャックが開いていてノートやスマホやらが雪まみれで、ほんとにただの怪しい人だった。

 

しゃんしゃん

 

 

ポケモン予約した

ポケモンの予約をした。

サンかムーンか悩んでムーンにした。とりあえずロコンが手に入れば良い。

 

私はポケモン金銀クリスタルまでやって以降ずっとポケモンから離れていて、今年になってポケモンXをプレイし始めたんだけど、最早別物のゲームの様な色々な要素が増えて感動した。

 

ゲームボーイのソフトはゲームソフトのほうにデータの保存用電池が内蔵されているので、その電池をなんとか解剖して取り替えてゲームをしたこともあった。今ではそんな手間はない、素晴らしいゲーム世界である。しかし人は疲れているときはゲームをするのも辛いことがある。それが「ポケモンやりたいな」と思えるようになったのは嬉しいものである。でも本当はおにごっこやポコペンをやりたい気持ちはある。だけど体力が追いつかない。

 

先日久しぶりに小学校が解放されていたので竹馬をやった。当時であれば朝礼台くらいの高さがあってもひょいひょい歩けたけど、アラサーの自分は縁石程の高さしか歩けなくなってた。感覚は身体に染み付いているのに身体が動かないのはもどかしい。10分くらいやったら疲れてしまって、蛇口から水をジャブジャブ飲んだ。少し鉄臭い水が懐かしかった。

小学生が数人集まっていたので少し話しかけてみた。休み時間は何して遊んでいるの?と聞いたら「おにごっこ!」と元気に答えてくれて可愛いかった。先日やっていたとなりのトトロのメイのようだ。

 

前ならメイのことをワガママでやんちゃな子供だと少し訝しく感じていたが、この前はそのワガママさを可愛く感じた。私はそれが本当に嬉しかったのだ。