絶対評価と相対評価はどちらが良いのか

 

 

親たちは、難関校合格がわが子にもたらすかもしれない不幸も、イメージしておいてください。 - Togetterまとめ

 

 

このツイートまとめを読んだ。「自己重要感」「自己肯定感」などについて書く。

 

他人と比較されることについてはおそらくずっと私達の身の回りについて離れないと思う。所謂相対評価というのは「自分」と「その他」、「何かA」と「何かB」を比べればよいので評価がしやすいのだ。一番楽で明確な評価方法である。そして明確であればこそ評価された側の人はその評価に根拠を持てる。自信がなくても自信が持てるのが相対評価だと思う。

 

一方で絶対評価というのは明確な根拠が見えづらい評価方法だ。他人と比べるのではなく「自分がイメージする自分」「理想とする自分像」と現在の自分を重ね合わせている。通知簿的に言うならある程度の評価尺度もあるのかもしれないけれど、本当にその評価尺度が世界中に均一に浸透しているかは疑問がのこる。

 

学生時代はなんだかんだいって相対評価が重視されるものだ。勉学、運動、あらゆる要素において優劣が決まってしまうものだ。しかし学校という枠を出て、社会に出てみると相対評価だけでは自己肯定感を得るのは困難になる。

単純に母数が増えるということもあるが、評価項目すらも多様にありすぎるのだ。そのような中で自己重要感を培うのは困難と言って良いのではないか。

 

ある著書によると現代の若者の青年期はおよそ30歳ほどにまで上がりつつあるのだと言う。大学進学者が増えたこと、社会の複雑化などいろいろな要素があるという主張であった。

 

私達は私達をどのように肯定するかということを考えなければいけない時代になっているのではないか、その様なことを最近は考えている。

 

私はとにかく自己肯定感が低い人間なので、何か一つでも失敗すれば全てが失われたかのように落ちこむし、簡単に言うと自意識過剰なのだ。書店にいけば自己肯定感に関する書籍がたくさん並んでいるが、根本的な解決というのは本に書いてあることを鵜呑みにするだけではかなわず、その材料をもとにうんうん唸って悩み抜かなければならないのだ。

 

ただただ辛い作業だ。

 

結局「自分のイメージする自分」と「現在の自分」が完璧に合致することなんてないし、合致しなければいけないという訳ではないという結論に至り、そこで初めて「自分はこのままで良いのだ」と思えたのだ。自己肯定感や自己重要感を得るために必要だったのは適切な評価方法や優れた能力ではなく「自分が自分と向き合う時間」だった。その時間の中には一人で悩む時間の他に他者との対話もある。日常を生きていくなかでなんとなく「あ、これだな」というものがみつかったので、もしかしたらラッキーだったのかもしれない。個人的には相対評価重視のスポーツだって自分の運動能力を高めるために楽しめたら良いと思うし、自分の理想とするプラモを作ることだって楽しいことだと思う。

 

 

今回の記事の題名についてひとつ提案できることとしては「自分を肯定するだけに充分な時間を焦らずにじっくりかけていくこと」である。絶対評価相対評価も自分の都合の良いように利用してしまえばいい。

(偉そうなことを言いながらもお正月に体重が3kg増量したことで自己嫌悪になっている)

 

 

 

生きる意味なんて無くていい

 

自分を認められないがために自分が生きている意味を探していた。でもちょっとしたことで心は揺らいで、意味が曖昧になって不安になる。物心ついたころからそう考えていた。

 

生きる意味に依存していたのだと思う。私が生きるために生きる意味が必要だった。そうあらねば生きていけないのではと考え、不安になり、新たな意味を見つけてもまた揺らぐ。そんなことを繰り返していた。

何かに頼らなければやっていけなかった。そんな自分が情けなく虚しかった。嬉しいことや楽しいことはその理由や意味なんて考えないのに、苦しいことや辛いことは理由や意味を見つけないと耐えられなかったのは私の弱さだったのかもしれない。

 

でも本当は生きる意味なんて無くていいのだ。意味がなくても存在して良いのだ。最近はそんなことを考えるようになった。サラリーマンでもトップアイドルでも死んでしまえばそれが全てなのだから。ここにいることに理由なんていらない。意味がなくたってここにいていい。私も、他人も、存在すらしらない彼等すらも存在していい。ただそこにある苦難や幸福をそのまま受け入れたら良い。理由がほしいなら見つければいい。見つからないならそのままでいい。自分が求めるように生きていい。同じように他人のことも受け入れられたらそれはとても素敵なことで、幸せなことなのだろう。

 

 

2017年をゆるっと過ごすために心がけたいこと

 今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ポンコつっこです。

 

 

今年は酉年ですね。私も一応アヒルキャラなので何らかの縁を感じなくもないです。例年通りジャニーズカウントダウンを視聴しながらの年明けでした。特に何かしたわけでもしてないわけでもなく淡々と過ぎていく毎日を眺めながらもやはり年の瀬というのは今までの色々なことを思い出し感慨深くもなるのです。

 

いつも新年の目標をいつもたてていたのですが、目標に縛られたり自分に枷をつくる生き方を少し変えてみようというのが今年の抱負です。皆さんは目標たてますか?たてませんか?どちらもいいことだと思うのですよ私は。

頑張れども頑張れども追いつかない己の心の扱い方をじっくり考え直す一年にしたいです。そのほうが目標をたてることより私に必要なことだと思うからです。今あるものを大切にできる心身を作りあげていく、という私の希望は一年だけでは完成はできないだろうけど、その足掛かりとなる一年になれたら素敵だなと思います。

 

ゆるく柔い人間になれたらいいな。固定概念の殻を剥ぎ、穴の開いた自尊心の土壌を育み、色々なことをゆるやかに受け入れられる人間になれたらいいな。最近はそんなことを良く考えています。このブログもゆるやかに継続していきたいと思っているので、これからも細やかなご縁があることを期待しています。

 

それでは今年もよろしくお願いします。

 

 

もううんざり!っていいたくなるほどたくさんある「〇〇のオススメ〇選」シリーズ5選

 

Welqなどのキュレーションサイトが話題の昨今ですが、ここ数年で所謂まとめサイト的なものがたくさん見受けられるようになりました。そこで今回は「これ見たことある〜!」と思わず言ってしまう〇〇の△選シリーズの見出しを列挙してみます。

 

①えっ!臭ってる?口臭の理由5選

 

健康に関するサイトでよく見かけます。だいたい前日お酒を飲んだからとか、食事に関する理由が多いです。そして対策としてローズの香りがするサプリを進められます。だいたい宣伝です。

 

②モテる人がやってる特徴5選

 

男女ともに多いのがこのネタ。確かに誰でも関心のある内容なのでアクセス数が稼ぎやすいのでしょうね。でもその記事を書いてる人はモテるのかしら?疑問です。

 

③仕事ができる人の習慣5選

 

できる人になるのは誰でも憧れますよね。仕事ができる人の習慣は真似したくなります。個人的には書いてある内容が些細なものでも、少しでも参考になるものがあれば取り入れていきたいです。でも「仕事ができる人は朝30分カフェで過ごしてます」とか書いてあると、「でも朝からカフェに行ったらお金かかるし...」と考えてしまいます。まあケチなんです。

 

④オススメのデートスポットスポット5選

 

恋愛ネタはどこに行ってもありますよね。だいたいスカイツリーとか水族館とかメジャーなスポットが書いてありますが「寺」とか紹介されてると少し心が躍ります。でもわざわざデートじゃなくても一人でいけば良くない?

 

⑤今年オススメのクリスマスプレゼント5選

 

意外とたくさんの人が参考にするのでしょうね。ブランドものの紹介が中心なことが多いです。あとはちょっと高めのレストランでの食事とか。私は逃げ恥の平匡さんみたいに現金をもらいたいですけどね。それか5万円分の旅行券。

 

 

いかがでしたか?

 

見たことのある見出しはありましたか?どのまとめサイトでも同じような内容を取り上げますが、丸ごと参考にするよりも参考にしながらオリジナリティを加えていくのが望ましいと思います。キュレーションサイトも読者次第で有益な情報になることは間違いないでしょう。あとオススメの旅行券があったら教えてください。

 

 

ポンコつっこ

 

 

 

 

自分のことが嫌いで仕方がない

 

私は自分のことが嫌いだ。

 

なぜか物心ついたころから自分のことをあまり好きではなかった。成長するほどに勉強ができない自分、友人が少ない自分、何事も人一倍二倍は頑張らないとやっていけない自分が嫌だった。ずっと自分が嫌いだった。自己否定ばかりで自分に自信が持てないことも情けなかった。前向きに生きていけなくて申し訳なかった。何かにというわけではなかったが、世間の全てに申し訳なかった。

 

ただただ虚しくて涙が出る。なんで病気になってしまったんだろう。どうしてこんなネガティヴになってしまったんだろう。今は休養が大事だと言われても休養をとることに罪悪感を感じてしまう。こんなこと言いたくないのだけど、生きてることが申し訳ない。私なんかが生きていて申し訳ない。周りに迷惑ばかりかけて、協調性も足りなくて、気を使わせてばかりでごめん。

 

虚しくて涙が出る。でも時間が経てば涙もおさまる。そうやって時間に身を任せて過ごしていても虚しくて辛くてその気持ちは消えない。

 

心のどこかにぽっかり穴が空いている。その穴が私の自尊心や全てを吸い込んでブラックホールのように私を飲み込んでいる。運動や瞑想ではなんともならないんだよ。無責任なアドバイスはいらない。私の存在すらも要らないの。ごめんね。私は自分が嫌で、なんとか頑張りたくて、なんとか自信を持ちたくて足掻いて、でも上手くいかなくて悲しくなってしまっているのかもしれない。また時間に身を任せれば少しは気持ちも楽になる。そう信じて今夜は眠ることにする。

 

 

自分に自信がもてない

 

 

なぜだがわからないけれど自分に自信がもてない。根拠もないのに世間に対する申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

 

仕事をしても、恋愛をしても、どうしても自分に自信がもてない。周りが私をそれなりに評価してくれていても、私が私自身を受け入れられない。それが辛くて申し訳なくて涙ばかり出て、それでさらに自己嫌悪。どうして病気になってしまったんだろう。なんで周りの気持ちをちゃんと受け入れられないんだろうって全方位に申し訳なくて消えてしまいたくなる。

 

もっと素直に他人の好意を受け入れたいのに。自分が自分を否定する。お前なんてクソだって言ってくる。みんなどうやって自分を受け入れているんだろう。どうしたら自分に自信がもてるの?私は私が嫌いで仕方がなくて、それが申し訳なくて、自責の念ばかりが積もっていく。上手く生きられなくてごめんねって誰かわからない誰かに謝っている。私が私でごめんね。でも運動や瞑想ではなんともならないんだよ。

 

ブログに反応を返してくれる人に救われている部分は多分にある。ありがとう。私の話を聞いてくれてありがとう。死にたいとは思わないけど消えたい気持ちはあるんだよ。でもそんな私の話を聞いてくれてありがとう。他人の評価が私の全てだという生き方から卒業したいけど、どこから手をつけたら良いのかわからない。みんなどうやって自分を受け入れているのか教えてほしい。虚しさで潰れそうな心の穴をなんとか誤魔化しながら毎日を過ごしている私の、みっともないブログを読んでくれてありがとう。

 

 

優秀さより愛嬌のほうが必要だと思うことについて

 

私は色々とダメなところばかりの人間だけど、最近は社会でやっていくために何より大切なのは技術などよりも愛嬌なのではと思うことがある。

 

どんな振る舞いをしても誰かには気に入られ、他の誰かには不快に思わせてしまう。それがとても怖くて口を閉ざしていたら、無口であることを不快だと感じる人もいるということに気づいた。

世の中でやっていくための技術なんてものはやっていくうちに身につくものだけれど、他人に気に入られる能力は日常をこなすだけでは身につかないものだ。たくさんの人を笑顔にして嫌われないだけの愛嬌がある人を、いつもいつも羨望の眼差しで見つめていた。私にとっては優秀であることより何より愛嬌があることのほうが余程重要なのだ。可愛げのない私には、それは代えがたい宝物のように感じる。

 

愛嬌があれば多少の失敗だって許される。「この子だから仕方ない」と思ってもらうのは意外と重要で、ある程度許容された環境のほうが人はのびのびと生きられるものだ。そうやって妬み、羨んでも欲しいものは手に入らないのに。

 

自分の自信の無さを何かで埋めようという行為に疲れているのにそれを止めることができない。誰かに認められないと自分を認められない自尊心の低さをなんとかしたいのだけれど。