精神科と心療内科のどちらを選べば良いのでしょうか?〜実は身近な心の病〜


花粉症で鼻水が止まらなくて肌はカサカサ、唇はカピカピです(ーー;)

今日は精神科と心療内科について書いていきたいと思います。

f:id:ponkotukko:20140411123525j:plain



学生時代に精神医学の授業がありまして現役の精神科医の方が授業をしてくださっていたのですが、そのときに精神科と心療内科の違いはなんですか?...と聞いたことがあります。


そしたらその先生は

「そりゃー全然違うよー!!」

と言いました。

...


正直な話「精神科」と聞いてどういったイメージを抱きますか?


私は自身がうつ状態になるまでは精神科だとか精神疾患なんてものは遠い遠い世界の話だ〜くらいに考えていました。
妄想が出て暴れる人がいたり意味不明な言葉を発したりする人がいる、恐い人達が集まる場所だと思ってました。

恥ずかしいことながら、精神疾患精神障害に偏見を抱く人間の一人だったわけです。


そんな人間だったのでまさか自分がうつになるとは思いもしませんでしたし、認めるのも少し時間がかかりました。
最初に診療所を探すときも「精神科」に対しての偏見があり、とても敷居が高く感じられたので「心療内科」を探しました。多分そんな理由で精神科ではなく心療内科を選ぶ人、少なくないのではないでしょうか。




話は少し戻りまして、精神科医の方が言っていた精神科と心療内科の違いについてまとめると


*精神科

統合失調症双極性障害などの精神疾患を対象に治療を行う。

心療内科

心身症を主な対象として治療を行う。


さてさて、ここで心身症とは何ぞや?という話になるのですが、心身症とは「葛藤等の精神的な要素が原因で身体の特定の器官に症状が現れる疾患」です。

例を挙げると、過敏性腸症候群摂食障害等がこれにあたります。

心身症は心の葛藤が身体の症状として現れるので、一見すると単純な身体疾患に思われがちです。しかし原因は「心」にあたるので、治療の際は身体症状に合わせてその人の考え方のクセだったり、精神的な面に対するアプローチも必要になってくるわけです。


精神科は精神症状(抑うつ、不安、イライラ、幻聴等)が対象であり、心療内科は身体症状+心なので内科的な側面も合わせ持っているということが最も大きな違いといえると思います。

これらの点を踏まえると一般的に言われているうつ病等の「心の病」を治療するには精神科に行くことが適切だと思われます。しかし現状としては以前の私のような精神科を敬遠しがちな人もいるので、心療内科として名前を出しつつも精神科的な治療を行っているケースもあります。

個人的な実感としては軽度のうつ等、比較的軽めな状態であれば心療内科に行っても差し支えないのと思いますが、やはり専門的な治療を考えるのであれば精神科に行ったほうがいいだろうなぁーと考えています。

余談ですがその授業をしてくださった精神科医の方は、高身長イケメンハイスペック中年男性でした。こんな顔よし頭よし経済力ありの人間いていいのか!?と思いました。ぜひその先生のいるクリニックに「恋の病を患いました♡」といって通院したいと考えた時期もありましたが、それじゃただの怪しい人になってしまうのでやめました(・ω・)


実際普通に通院する診療所レベルであれば、精神科も心療内科も両方視野にいれて自分に合う診療所を選べれば1番いいと思います。

次は自分の診療所通院で感じたセカンドオピニオンの大切さについて体験談も踏まえて書いていこうかと考えております。

心の病で病院選びに悩んでる人の参考に少しでもなればと思い、今回の記事を書きました。


読んでくださってありがとうございました。


ポンコつっ子


〜追記〜

続き書きました!もしよければ読んでください^_^

心の病にかかったら自分に合う病院を探したい〜ポンコツの場合〜 http://ponkotukko.hatenablog.com/entry/2014/04/11/220240