読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

表現は所詮排泄だという歌詞があった

思考

こんにちは


今日も今日とてハローワークに行ってまいりました。ハローワーク慣れたけど慣れたくなかったー。

f:id:ponkotukko:20140417152505j:plain

もうブログを一日一件更新するのが日課になってきてます。交換日記はいつも溜めてしまうタイプだったんですけど、ブログが続いているのは「書かなきゃいけない」って制約がないからかもしれませんねぇ。(あと無職で時間があるから...)


私の好きなバンドのひとつにTHE BACK HORN(通称バクホン)っていうのがあるんですけど、バクホンの曲の歌詞の中に

「表現は所詮排泄だ」
っていう言葉がありまして、う〜んなかなか的を得ていると思ったことがあります。
TwitterFacebook、ブログもそうですが、自分の思ったことをつらつら書き出せるっていうのはすごく便利ですよね。だけど便利な分内容とか中身を練り上げることなく言葉を発することができてしまうので、そういった意味である種の排泄物になってしまってると思います。(私のTwitterはほぼ排泄物です)
悪く言えば現代社会っていうのは排泄物を簡単にぶちまけられるようになってしまった社会なのかもしれません。
いたるところに排泄物があって流れのなかでそれを見かけるけれども、あまり気にもとめなくなったそんな社会。



でも排泄物っていうのはときとして養分となり、作物をスクスク育ててくれます。養分のカケラを持つ排泄物はきっと世の中にたくさんあります。



はてなブログを見ていても、あぁこの人はすごいなぁと思うことがたくさんあります。リツイートされまくったTweetが私の心を励ましてくれることがあります。

良い言い方をするならば、現代社会は心の養分がたくさん拾える社会だと言えると私は思います。

だから私はできるだけ養分のある排泄物をぶちまけていくことが目標です。自己満足かもしれないけど、自信もないけど...なのでこれからも勉強して、努力していきたいと思います。


今日紹介した曲が収録されているのはこちら「ヘッドフォンチルドレン」/THE BACK HORN



そしてどうしようもない排泄物をぶちまけているアカウントがこちらになります


読んでくださってありがとうございました。


ポンコつっ子