特急電車より鈍行電車が好き。


私は時間に余裕があるときはだいたい各駅停車の電車に乗る。特急列車に乗ったほうが早く移動できるし時間を上手に活用できるとわかってはいるのだが、鈍行列車に乗ってコトコトとぼんやりしている時間が好きなのだ。


f:id:ponkotukko:20140513110229j:plain

鈍行列車は特急列車よりも乗っている人が少ないことが多い。乗っている人達にも焦りのようなものはあまり感じない気がする。その時々でお気に入りの曲を聴きながら、大好きなあの人のことやどうしようもない未来のことに思いを馳せて過ごす時間は、私にとってこの上ない至福の時間だ。



生き方についても同じようなことが言えるかもしれない。



私はよくマイペースだと言われる。自分でもそうだと思う。割と自分の思うように時間を使っている気がする。東京都民のクセに歩くのも遅い。

リアルの世界が各駅停車だとしたら、ネットの世界は快速特急だ。その日のトレンドがあがってきても、その流行りは一日と持たない。次から次へと新しい情報が流れてきて、そして人の頭の中からあっと言う間に忘れ去られていくのだ。

私はこの一ヶ月ネットの世界で快速特急に乗り続けていたような気がする。
ブログに記事を書き始めてしばらくも経たないうちにアクセス数は伸びた。
いろいろな人から反響があった。その言葉はどれも私の心を潤してくれた。
その喜びに浸る間もなくある情報サイトから寄稿依頼も来た。結局断ったけれど、今はそれでよかったと思う。記事の内容も繊細に扱うべきものだったから。

たくさんの人が私のもとを訪れていった。私が快速特急に乗っていたのか、それとも私は過ぎ行く快速特急を眺めていただけなのだろうか...それがわかる間もないほとあっと言う間に情報は流れていった。

とんとんと話しがうまいほうに向かっていった。こんなに上手くやったことに結果が出たのはもしかして生まれて初めてかもしれない。上手くできすぎていた。



私に合うのは鈍行列車なのだと思う。



時間がかかっても、ひとつひとつの問題や情報を咀嚼して味わって生きていきたいのだ。情報をただ垂れ流すようなことはもったいない気がしてならない。
鈍行列車でいい。あのまどろんだ空間の中で自分の考えを深めて生きていきたいと思う。




ぼっち行動も結果好きなアカウントがこちら


読んでくださってありがとうございます。


ポンコつっ子