選択が人生を創り上げていくのだと思った。〜結城浩さんのTweetについて考える〜



こんにちは

昨日は暑かったですね。今日くらいの気温が1番過ごしやすいです。

f:id:ponkotukko:20140515110546j:plain


最近Twitter結城浩さんという方のアカウントを発見しました。


結城 浩(ゆうき ひろし、1963年7月 - )は、東京都武蔵野市在住のプログラマ、技術ライターである。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発。

プログラミングの入門テキストを中心に雑誌連載や翻訳活動のほか、多数の書籍の執筆を行っている。特に執筆した書籍のいくつかは韓国語や英語等に翻訳され、海外でも出版されている。

自身のWebで公開していた作品を元に、小説『数学ガール』を発表した。この作品は1作目が日坂水柯、2作目が春日旬、3作目が茉崎ミユキによりそれぞれ漫画化されている[1][2]

またプロテスタントの信者として知られる[3]

Wikipediaより引用


数学ガール、有名ですね。

それで先日こんなTweetを見かけたんです。


Togetterの直リンクがこちら

結城浩の「若者よ、選択は重要だぞ」という話 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/666350 



これ読んだんですよ。結城さんはプロテスタントだそうですが、そういった宗教観念に疎い方でも読めると思います。

結城さんはこれらのTweetで選択の重要性を述べているわけですが、私もこれを読んで感じたことについてつらつら書いていきたいと思います。Tweetの一部を引用しつつ書いていきますが、結城さんのTweetを全部読んでみての解釈ということでよろしくお願いします。


まったく同じものを見ていたとしても、ある人は「自分の周りは悪いもの不快なもので満ちていた」と感じ、ある人は「自分の周りは良いもの心地よいもので満ちていた」と感じる。すべては個人の選択の結果である。

これは読んでてそうだよなぁと思いました。この前のTweetで書かれていたのですが、人は感じ方を自分で選んでいるんだと思います。例えば今日起きた悪いことに視点を持っていくか、良かったことに視点を持っていくか。どう捉えているかをほとんどの人が無意識に選択しているんですよね。
「選択の結果」という言葉だけだとなんだかぶっきらぼうに感じられてしまうかもしれませんが。選択ですからね。自分次第なんですよ、いい意味で。そこらへんの可能性を結城さんは伝えたかったのではないでしょうか。

(こういうこと書くと変な人から批判メールが来るんだけど、あえて書くと)人は、自分が信じているものの報いを受ける。プラスの報酬であれ、マイナスの報酬であれ。信仰の自由というのは、信仰の報いは自己責任ということでもある。自分の時間の使い方、自分の選択の結果、それは自分に返ってくる。


私は宗教観念に疎いので「信仰」という言葉は何に置き換えようかと考えた結果「信念」にしました。自分の信じている観念ということでね。

自分の信念に従って行動するならば、それによってもたらされた全てが自分の責任であると。私たちは自分の考えで行動する自由というものを与えられているんですね。身近なところで例えると進路とかでしょうか。

もっと細かいとこを言うと、今日のお昼ご飯に定食を食べるかファーストフードを食べるかも自分の選択次第なわけで、それで健康にどういった影響(結果)がでるかは自分の責任というわけですね。

むむ、そう考えると私たちは毎日が選択の連続なんだなぁと思います。

後のTweet「自分は何を礎(いしずえ)として生きているか」を自覚することは大事。と結城さんは述べています。自分が何者で何のために生きているのかということを自分自身が理解しているかと。結構難しいですね。何のために生きているのかは答えが出しやすいかもしれません。私は私を大切に思ってくれている人たちのために生きているし、自分の目標を叶えたいがために生きています。目標は大きかったり小さかったりするんですけどねf^_^;

自分が何者かっていうのは今までの自分を振り返ると見えてくるのではないでしょうか。過去の選択の結果今の自分がどうなっているのか。私はネガティブ思考で弱い人間ですが、それなりに頑張ったり休んだりしながら生きてきたのではないかと思います。弱いながらも生きたいと模索してきた人間、それが私。


あぁ、自分が何者なのか考えてみたら何のために生きているのかというところをもっと深めていけそうな気がしてきました。長くなりそうなのでここでは省略します。

結城さんはこのふたつの問いは個人の自由だと言っています。自分が何者で何のために生きているかという答えはひとりひとりの自由だということですね。


しかし、それに無自覚でいる人がある。気付かずにいる人がいる。時間は限られている。自分の能力も限られている。とすれば、選択が必要なのだ。選び、である。そこで優先順位が必要になってくる。優先順位?そう、それが信仰に他ならない。

人生は選択で満ちている。目の前に絶え間なく選択肢が提示される。その選択肢を選んでいくのが人生と言えなくはない。まるでRPGだね。


ここで選択をする際に重要なことはなんなのかということが述べられています。

結城さんはこれを信仰(信念)だと考えている。

選択の自由があるということが前で述べられていましたが、さてこの自由は無限なのかと問われれば、それは違うと思います。なぜなら人生には限りがある、人は老いる、病もある、選択の自由は存在するけれども範囲があるのではないでしょうか。多分これは歳を重ねていくほど範囲が狭まっていくのでしょうね。だから結城さんは若い人に選択の重要性を伝えようとしてくれているのだと私は思いました。

そして選択をするときに何を基準にすれば良いのかというところを信仰(信念)だと言っている。普段何を信じて考えているのか、それがここで問われている。優先順位をつけるときにこの信念が必要とされてくるわけですね。

自分の経験で例えると、私は高校進学の際何を最優先にしていたかというと、「部活動」です。当時私はバスケ部に所属していたのですが、どうしても高校でも全力でバスケがやりたかったんです。だからバスケ部の活動が盛んな高校を選びました。当時の私はバスケがやりたくてバスケがもっと上手くなりたいということが信念だったんです。なので高校選びはほぼ悩みませんでした。迷ったといっても「バスケ部の活動が盛んな高校」という限られた範囲の中での話なのでね。

信念があると優先順位もつけやすくなるのではないでしょうか。


選択肢が提示されるたびに、いいかげんに選ぶ人がいる。その一方で選択肢が提示されるたびに、一定の基準で選ぶ人もいる。私は、それをよく思う。あなたはそのようにかんがえたことがありますか。


はい、ここでズバッと指摘して下さってるんですね。普段どれだけ信仰(信念)について考えを練り上げているのかと。

なんとなく毎日を過ごしていると思っても、実はそこにも選択の結果があるのだと思います。

結城さんはご自身の経験から選択の大切さを感じていらっしゃいます。そして良いことも良くないことも選択の結果だと言っています。

選択の連続の結果がその人の人生ならば、ひとつひとつの選択がどれ程かけがえのないものかとこのTweetを読んで感じました。


選択なんか知らないよという人も、「選ばない」という選択肢を選んでいるのだ。いま現在、すぐすぐに結論が出るわけでもない。何をどう選ぼうともすぐに結果はでない。こわいのは、10年20年後には明確に(しかもあともどりできないレベルで)結果が出るということだ。


「選ばない」という選択肢を選んでいるという言葉はとても重みがありますね。

モラトリアムな期間があった私にはこの言葉が突き刺さりました。当時私は選ばないということを選んでいたわけですが、その選択によって得たものもあるけれど、先ほどの高校選びのような「自ら積極的に選んだもの」と得たものと比べれば、どちらがより得るものが多かったのかは歴然としています。

かといってモラトリアム期間がないほうがよかったかと聞かれたらそういうわけではないとも答えますけどね。「選ばない」という選択を選ばなければ得られないものがそこにはあったから。でもその期間に信念を持って選択できるものがあればよかったなぁと思います。これが結城さんのいう「選択の結果は自分の責任である」ということなのだと思います。


そして、それと同時に、選択の結果得た恵みは誰からも奪われない。時間を逆回しはできないから。だから、だから、選択は重要なのだ。


結城さんはこのTweetで選択の価値を示そうとしてくれているのだと思います。

人生は選択の連続で、否が応でもその選択の結果は自分に降りかかってくるけれども、その結果から得られたものは何物にも代え難い自分だけのものだと。

こう考えるとひとつひとつの選択の重みを実感します。

選ばないという選択肢もあるけれど、できれば私は信念を持って自ら選択する生き方をしていきたい。そしてその選択の結果を自らの礎としていきたいと思いました。


結城さんは締めくくりとしてこう言っています。


若者よ。心せよ。「選択」は重要である。


あぁもうね、こんな素敵な言葉がたくさんあるからTwitterが好きなんですよ。だって昔の人だったらこんなに沢山の人の言葉を得ることはできなかったじゃないですか。ネットは怖いしリスクもたくさん歩けれど、素敵なこともたくさんあるんだと感じます。ネットを毒にするか薬にするのかも自分の選択次第なのでしょうね。


結城さん、素敵な言葉をありがとうございました。


結城さんのホームページもあるので是非見てみてください!

http://www.hyuki.com



もうすぐフォロワー200人のアカウントがこちら


読んでくださってありがとうございました。


ポンコつっ子