読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのままの自分見せるのよって歌っていたらありのままの自分がわからなくなった

カルチャー 日常


ありの〜ままの〜

すがた〜みせるのよ〜







アナと雪の女王観ました。ネタバレはしないようにしたいので感想をひとことでいうと、いい映画でしたね。
なんとなく何も観るものがないときとかに観たら良い気分に浸れますよ。



それであの名シーンもみたんですよ。Let it goですよ。れりご〜れりご〜ですよ。

ありのままの自分見せるのよですよ。


ところでありのままの自分ってなんですか?





ありのままの〜って歌ってたらわからなくなりました。ありのままの自分ってなんですか?ありのままの自分みせてどうするんですか?ありのままの自分をみせて受け入れられなかったら悲しいじゃないですか!!ありのままの自分をみせて少しも寒くないわって言える自信がないんですが!!ありのままのっていうけど人間には建前がひつようなときがあるんですよ!!建前とありのままのせめぎ合いなわけなんですよね。じゃあどこからが建前でどこからがありのままなのかっていう難しいことを考えはじめてしまって私はそれ以来Let  it go よりLet it beのほうを歌いたくなってしまったんですわ。れりび〜れりび〜れりび〜れりび〜ってどういう意味かというとなるようになるさということなんですけどあぁこれ悪くないなって思ったんですね。だから今後私の前でLet it goを歌う人が現れたら私はれりび〜れりび〜って歌い返してやろうと思うんですよそんで書いてて思ったんですけどこれがありのままなの自分をみせるということなんじゃないかって気がしてきましたねれりご〜に対してれりび〜で対応する、そういう考え方もあると思うんですよ。だってブラジルの選手れりご〜もれりび〜も歌わないでしょ。





おっとねずみの国から刺客が来たようだ


    ハハ
   (゚ω゚)
   (⊂ノ  ノつ)
   (_⌒ヽ
εニ≡ )ノ`J