読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くことが好きになったら人生が少し楽しくなった

どうでもいい話



最近何もすることがないとどんな文章を書くか考えることが増えましたポンコつっ子です。

例えばブログで自分の考えていることを述べたりするのも楽しみの一つですしTwitterでどうでもいいことをつぶやくのもなかなか楽しいです。

書くことが習慣化して良かったと感じることとしてはやはり自分の考えを言語化し易くなったという部分が挙げられます。書くことはそれなりに時間も要しますし頭を使わなくてはいけないのでかなりの労力ではあるんですけれども、書いたほうが一つの意見としてまとまりがありますし後で読み返すこともできるので是非皆さんも気が向いたら日記など書いてみたりすると良いのではないかと思います。


私の場合は幸運にもブログを始めたらいつのまにか読者さんが300人を超えまして喜びと感謝の思いを抱くとともに、それなりの人数に読まれるのだということを意識しながらブログ運営をしていかないとなぁと身を引き締める思いでタイトなジーンズにねじ込む私という闘うボディだなぁと感じています。

f:id:ponkotukko:20140826194326j:plain


さて私という闘うボディはあまり質の良いボディではないのでタイトなジーンズよりもユニクロのレギンスパンツを選んでしまいます。だって楽だし安いし。
思い返してみれば私が持っているボトムはユニクログローバルワークのみだということに今気がつきました。25歳にもなりましたのでそろそろちゃんと質も価格も伴ったタイトなジーンズを買うべきなのかなぁと感じています。
ジーンズは洗った初回の色落ち度合いなどを考慮して買うべきだとファッション雑誌は申しておりましたが、私は人の記憶も出来る限り色落ちしなければいいなぁと思ったりしています。

だって例えば好きな人とデートに行くときにおろしたてのタイトなジーンズに私という闘うボディをねじ込んでいくとするじゃないですか。それで白のレースのついたブラウスとかを着ていくじゃないですか。実際にデートになったら緊張して変な汗をかいたりしてしまうと思うのですが、そのせいでジーンズが色落ちして白のレースのブラウスに色移りしちゃう場面を想像してみて下さい。なんという恥ずかしいそして可愛らしい出来事でしょうか。そこで女は言うんですよ。


「貴方とのデートが楽しみで緊張して変な汗かいちゃった...みっともなくてごめんね...涙」




そんなこと言われたら男性陣もイチコロですよ。「そんなに俺とのデートを楽しみにしてたんかーい!!」とテンションアゲ↑↑アゲ↑↑ですよ。そんで嬉しくなった男性は聞くんですよ。



「服も汚れちゃったし...次どこいこうか?」







って。


















ここで変な妄想をした人はとんだ下衆野郎ですわ。だってここまでの文章が全部妄想ですし実際おろしたてのジーンズにねじ込む私という闘うボディは今休戦状態なんだから。






読んで下さってありがとうございました。