読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに人は必要か〜自動運転車から考える未来の形〜



今日テレビでこんなニュースを目にしたので調べてみました。



自動運転車...と聞くと車が勝手に障害物を見分けて走行してくれるようなイメージがあります。
私がそのTVニュースを目にしたときに一番最初に思ったのは「将来タクシー運転手はいなくなっちゃうのかなぁ」ということでした。

しかしこの自動運転車、まだまだ開発途中で開発元によって考え方がことなるということを知りました。

例えばGoogleさんは過去にこう発表しています。

友達のハロルドの命を取り戻すことはできませんが、亡くなったみんなのためにできることがあります。車の事故が若者の死因の第1位なのはご存じですか? そのほとんどは、車の問題ではなく人間のミスによるということを? これは機械の力によって防ぎうることなのです。


Googleの場合は運転の完全な機械化によって人の命を守ること、社会資源の無駄使いを減らすことを目的としているそうです。運転の主体が車という機械に変わるという新しい発想ですね。



それに対して国内の開発元トヨタはこう発言しています。
多くの人々は、自律走行という言葉から『ドライバーがいなくても走行できる』ということをイメージするかもしれない。しかしわれわれが意図しているのは、ドライバーがより安全な運転を行えるようにサポートしてくれる、知性と配慮を備えた運転助手を自動車に組み込むことである
この発言は米国にあるトヨタ車の販売会社の方の言葉です。
トヨタ側はあくまで自動運転は運転手の補佐的な技術であると言っているのだと解釈しました。

あとTVニュースでみて印象的だったのは「運転する楽しみを大切にしたい」という言葉でしたね。



このGoogle側の考え方とトヨタ側の考え方はだいぶ異なるように思います。


私は運転免許を持っていてドライブも何気に趣味のひとつだったりするのですが、事故にあいそうになったことは何度かあります。それが事故にならずにすんだのはただ運が良かっただけと思えるときもあります。

Google側の言葉が真意だとすれば、自動運転により人はより安全な車生活を送ることができるようになります。

実際工場などではすでに作業のオートメーション化は進んでおり、人がいなくても成り立つ作業も多くなりましたね。私はその場にいないからただ「便利になったなぁ」となんとなく思っていたけれど、その工場で働いていた人はどう思い今をどうすごしているのでしょうか。


今自分がドライバーとして車との付き合いが徐々に変化していくのではないかということに正直なところ不安と寂しさを感じてしまっているのです。

チープな発想しか持てないのですが、私は夜のドライブが結構好きで、お気に入りの曲をかけながら夜景を見つつすごす時間はとても味わい深いものでした。

終電を逃したあとはいつも一番近い駅まで行ってそこからタクシーで帰るのですが、そこでタクシーのおじちゃんと世間話をするのも好きです。そこに深い意味はないのだけれど、深夜の特別な時間の過ごし方。


自動運転車が一般に広まったらきっとタクシーのおっちゃんは少なくなる、もしくはいなくなるだろうし、アクセルを踏みこむ力加減とかも忘れてしまうんでしょうね。

だからといってGoogle側が言うような「自動車事故のリスクの軽減」に敵うようなメリットを言い表せないのも現実...


これは車に限った話ではないと思うのです。私たちが今手作業でおこなっていることが全て機械化した未来を考えたことはあるでしょうか。例えば最近は介護ロボットの実用化の話も出てきましたね。私はこれも色々と思うところがあるのですが、少子高齢化に伴い様々な分野で人の手が少なくなっていき、そして必要とされなくなっていくのかもしれない...じゃあ人が機械より勝る部分はどこか?なんて考えてしまいます。

機械にはなくて人にはあるものもきっとある。

だけど安全と効率化という条件を前にそれを提示できるのか...それが求められているような気がするのです。

f:id:ponkotukko:20140906213840j:plain

なんだろうこのモヤモヤは。