読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「自殺予防週間」について考える

自殺関連

9月10日〜16日は自殺予防週間だってご存知ですか?


自殺予防週間とは

平成24年8月に閣議決定された自殺総合対策大綱(以下「大綱」という。)においては、9月10日の世界自殺予防デーにちなんで毎年、9月10日からの1週間を自殺予防週間に設定し、国、地方公共団体、関係団体及び民間団体等が連携して啓発活動を推進し、あわせて、啓発事業によって援助を求めるに至った悩みを抱えた人が、必要な支援を受けられるよう、支援策を重点的に実施することとされている。

平成26年度の自殺予防週間においては、国、地方公共団体、関係団体及び民間団体等が中心となり、自殺対策の啓発事業等に協力・賛同していただける団体(協賛団体)と一体となって集中的に啓発事業及び支援策を実施する。




難しい話はよくわからないよね。簡単にいうと自殺予防に力を入れる週間のことです。まさに今がその真っ最中なわけなんですけれども、いつもこのことをテーマにしていると主張している私としてはこの時期に何を書けば良いだろうかとない頭を使って前から考えていたんです。


そこでふと昔の自分だったら自殺予防週間のことをどう思っていただろうかと考えてみたんですよね。
それでこう思うだろうと思ったんですよ。



「なんだよ自殺予防週間って」





...と。








昔の私とはいつのことを指していると思いますか?

それは自死遺族て苦しくて悲しくてどん底にいると思っていた当時の私。

「なんだよ自殺予防週間って」という言葉の背景を考えてみてください。
私はこの記事を自死遺族として今苦しみの真っ只中にいる人々へ向けて書いていきたいと思います。




予防できなかったという現実との葛藤


私はこれをまず想像しました。「自死遺族にとって」というと範囲が広すぎるかもしれませんね。「自責の念が強く無価値感が高まった状態の自死遺族」に置き換えてみてください。当時の私ならきっとこう思っていました。


「なんだよ自殺予防週間って。みんなこの一時だけ自殺がどうしただこうしただ言うだけで、時期が過ぎれば考えなくなるくせに」


「私なんか毎日嫌というほど自殺について考えさせられているのに。予防?予防できなかった私はどうすればいいの。うるさいな、TVもネットも好き勝手いいやがって、本気で考えてる人間がどんだけいるんだよ。自殺はなくならないよ、私は死にたくて消えたくて仕方がないのに」



すこし過激な表現もありますが、当時の私を想像すればきっとこれくらいのことは考えていたと思います。予防という言葉に反応して予防できなかった自分を責める、問題に直視することができずに他罰的になる...大なり小なり思いはあるかと思いますが、おそらく私はその衝動が強い人間でした。








私は予防できなかった












このひとことに尽きます。同じ思いを感じている方はいらっしゃるでしょうか。貴方達の思いのはけ口はちゃんとあるでしょうか。





自殺予防週間を批判したいわけじゃない


先に申し上げておきますと私は自殺予防週間に肯定的な考えを抱いております。ただ活動が大きくなるとその対象の対極にいる人達がつらい思いを抱きやすくなってしまうんです、多分。自殺予防週間がもたらす利益は大きいと思います。こういった活動は知られることにこそ価値があると思うからです。例えばTwitterで自殺予防週間をきっかけにして自殺に関する意見が多く見られるようになりましが、普段自殺のことを考えない層の人達にも考える理由を与えることができたならそれは大きな成果です。自殺予防に対する関心が高まれば「見守り」の目も増えるでしょう。結果としてゲートキーパーとしての機能が果たされることにもつながるでしょう。

だけどその動きが大きくなるほど普段自殺について悩み苦しんでいる自死遺族の人達の目に触れる機会も増えて辛くなったりしないかなって、それが心配なんです。あまり自死遺族を「自死遺族」としてカテゴリ化したくはないのだけれど、私の父さんは自殺していて、私はその遺族だし、ある程度その苦しみを受け入れることもできるようになってきて、自殺予防週間についても受け入れることができるようになった。だからブログもそれなりの人に見てもらえるようになった今ならばできることもあるかもしれないと思ったんです。

多分今できることがあるとしたらこの記事を今苦しんでいる自死遺族の方々の思いの吐き出し場所にすることだと思ったんです。



私は自殺予防週間なんて糞ったれと思っていた時期があります。


でも今は自殺が予防できたらいいなと単純にそう思います。


多分人には時間が必要です。時間と、思いを受け止めてくれる場所。




なのでこの記事は自死遺族の方々が思うところがありましたら自由にコメントしていってください。
私はそのコメント全部読みます。コメントは返したり返せなかったりするかもしれませんが、全部読みます。




「こころの声に、耳をかたむけて」




自殺予防週間のテーマです。








読んで下さってありがとうございました。


ポンコつっこ