ゆとり世代は失敗を怖がるとか言うなら失敗できる環境をください


今日はちょっとひとこと物申したい思いで書いてみます。異論反論言っていただいてかまいませんが「ゆとり世代は○○だ」とカテゴライズしてほしくないという思いでよろしくお願いします。


ゆとり世代って失敗を恐れすぎ」って言われる


何かと物申されがちなゆとり世代ですがゆとり世代は失敗を怖がるからなって良く言われるんですね。でも別にゆとり世代に限った話じゃないし「ゆとり世代」というと安易に馬鹿にする風潮がありますよね。まだ。

べつに○○世代って言われるのはいいんですけど、個人を世代で語るのって怖いなって思うんですよね。だって個性が蔑ろにされているわけじゃないですか、怖いですよ。ゆとり世代っていうだけでなんとなくネガティヴなイメージ持たれたりして、年齢を言うと「あー、ゆとり世代か〜www」って失笑されたことたくさんありますよ。でもまぁこれは仕方ない部分もあると思うんですよね。未熟な若者は馬鹿にしやすいですからね。まぁ仕方ないですよね。自分が歳をとったときに若者を無意味に批難しなければいいわけですからね。

f:id:ponkotukko:20150526194355j:image


でもゆとり世代を馬鹿にする年長者がいたとして、そういった人達がゆとり世代に該当する人達よりも幾星霜の苦労や経験を積み重ねてきたのかもしれないということを忘れてはいけないと思うんですよね。経験というのは時間がないと積み重ねられないですから、それだけで相当な価値がありますよね。そのことを蔑ろにして「ゆとり世代」と言われただけで猛烈に反発してたらそれはやはり未熟だろうと思ってしまいますよ。歴史は重んじるものだと先人は言っているからその通りだなって思いますね。


ただゆとり世代が失敗を怖がるのはただ単純に怖いからというわけではない気もしてるんですよ。失敗しろと言いながら失敗するなと言っている、失敗したらそこでクビを切られる現代社会がそこにあるんですよ。忙しくてどうしようもなくてすぐ炎上しちゃって誰かの消耗品として扱われちゃう現代社会がね、あるんですよ。そりゃあ失敗のリスクが大きくなるでしょうよって思うんですよね。ぶっちゃけて言えば失敗したいと思ってるゆとり世代だってたくさんいますよ。でもそうやっていうとすぐに揚げ足をとる人が現代にはたくさんいるから言い出せないだけで。失敗して泣いたり苦しんだりして成長したいって思いはありますよ。そこを覚えていてほしいんですよ。まぁただの愚痴な上に甘えなんですけど、失敗を怖がるというなら失敗して学ぶことを許して欲しいのですよ。もちろん失敗しないように努力すること前提で。何よりも何も知らず歳をとって無意味に若者を馬鹿にする大人にはなりたくないよ。誰だってそうでしょう?こんなこと書くとすぐ誰かがこいつは馬鹿だっていうんですよ。でもいいです。その人の知らないとこで勝手に頑張って勝手に失敗しますから。いつも心にゆとりがないゆとり世代の人間ですよ。圧倒的成長ですよ、もう。ごめんね。