読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「意識高い系」を笑うな



他人のことを意識高い系と馬鹿にする奴が嫌いだ。


自分の努力が足りないことを他人を馬鹿にすることで補おうとする人達がいる。世の中にはそんな人間がいっぱいいる。他人を見下すことで自分の価値を上げようとする人達。


最近は「意識高い系」なんていう言葉が持て囃されているらしい。志は高いが実を伴わない人のことを言うらしい。でも私はそんなの、伴わなくて当たり前だと思う。むしろ若いのに実を伴っていると信じきっている人のほうが余程末恐ろしい。みんな自分の価値を考えてみたことがあるのだろうか。自分がなんで生きてるかとか、なんでこんな辛いのに生きなきゃいけないんだろうとか、そもそもなんで人間というのはこんなにも生きづらいのかとか、そんな普通にすごしていたら無意識のうちに動いてしまっているその理由とか、意識して考えてみたりしないんだろうか。


意識が高いって簡単にみんな言うけど、この世は意識しないとやっていけないことばかりだ。そうやって悩みという意識と向かいあうことをそぞろにして、俯瞰で物事を見ながら、何も考えず無意識に他人を批判する人が世の中にはたくさんいるらしい。どうやらこれはいつの時代も変わらないみたいだ。


私は意識を持てる人って素晴らしいと思うし、羨ましいと思う。そりゃあ口だけの人だってたくさんいるけど、長い目で見たときにゆくゆくは実が伴いましたって思えたならそれで充分だし、世の中なんてきっとそんなものだ。20代、30代で人生の価値を見出せとか、大義を成せとか、そんな簡単には世の中はできていないと思う。だからせめて志だけでも強く持てれば、これだけは信じて頑張ろうと思えるものに既に出会えているのなら、それ以上幸せなことなんてない。
それは家族かもしれないし、仕事かもしれないし、余暇活動の中や、芸術にその志を感じられるのかもしれない。


だから意識高くてもいいじゃないかって思う。人生は基本的に長いんだから、試しにこれを信じて頑張ろうって思えるものがあればご立派。どんどん意識を高く持っていってしまおう。上から目線で馬鹿にする人達なんか放っておけば良い。今は気になっても、そのうちに目に止まらなくなるから。足を引っ張ってきたとしても、自分の気持ちが変わらなければそれでいいんだ。


「意識高い系」を笑うな。


「意識高い系」が笑えればいい。



今日は極論そんな感じです。