なぜ人は不毛な関係を続けてしまうのか



東京タラレバ娘最新3巻を読了しました。実際私も過去を振り返るとあれは不毛な関係だったなあと思うことは多々あります。不毛な関係というとなんとなく不純異性交遊が浮かんできますが、特に男と女に限らずとも友人やビジネスパートナーに対しても不毛さを感じることはあると思います。

東京タラレバ娘(3)

東京タラレバ娘(3)





なぜ人は不毛な関係を続けることがあるのでしょうか。私は不毛な関係を続ける人の話しを聞く機会も話す機会も経験したことがありますが、経験から推測するにそこに何らかの心の問題を抱えていることが多くあると思います。
例えば「さみしくて浮気をしてしまった」という人がいたとして、それが浮気を肯定する理由には決してならないですが、浮気してしまうくらいさみしい気持ちだったというその人のさみしさに焦点をあてると少しその心を理解しやすくなります。そのさみしさを突き詰めていくと例えば子供のころ親からあまり愛情を受けたと感じられなかった経験があったり、その関係以外の別のところで問題を抱えていたりすることがほとんどだと思います。それは仕事であったり家庭であったり内容は様々でさみしいのは○○だからとカテゴライズすることは難しいですが、その内容まで聞くことによってその人の気持ちを受け入れやすくなると私は考えています。

それが同性間の関係である場合、例えば女性の群集活動だったり、「○○ちゃんは好きじゃないけど独りになるのは嫌なのでとりあえず一緒にいよう」という経験は女性なら一度くらいあるかもしれませんね。なぜその様な関係を選んだかと考えると、孤独になることに対する恐れや不安だったり、何らかの妥協しなければいけなかった理由があると思います。付き合いを長く続けたら意外とウマが合うこともあったりするので一概にはいえませんがそれは結果論であり、きっかけに思いを巡らせることもときには必要だと考えています。

f:id:ponkotukko:20150816174409j:image


不毛な関係を続ける人の心境を察するに、そこに何らかのさみしさがあるのだと私は思います。そして関係の批判はさておき、その心境を理解し受け入れていくことが、不毛な関係を脱する一番の処方箋だと思っていたりする弱くて臆病な心を持っているぽんこつっこでした。