読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シスコンなお兄ちゃんがほしかった

どうでもいい話


お兄ちゃんっていうのは大事な妹をなんだかんだ守ってくれて優しい存在であってほしいと思っていて私は常々そんなお兄ちゃんがいたら良かったのになぁと思っている。

f:id:ponkotukko:20151018184423j:image

クリスマスプレゼントにお兄ちゃんが欲しいって親に頼んだら「それは無理」と言われてとても悲しかった。当時の私は子供がどうやってできるのか知る由もなかったのでお兄ちゃんは望めば生まれるものだと思っていたので私を守ってくれる優しい存在というものがその時点で消失したようなものであった。

弟か兄だったら断然兄が欲しかった。ギブミーシスコンブラザー。甘えられる存在が欲しかったのかもしれない。できればお兄ちゃんが私の危機を察して自分の身を呈してタイムリープして過去に戻ってきて念動力を使って私を守ってくれたりするイケメンなお兄ちゃんが欲しかったのだ。世の中の妹を持つお兄さん方々にはシスコンばりに妹を可愛がって欲しいという願望がある。それはやはり白馬の王子様ではなく永久に変わらない間柄で信頼して頼れる存在が欲しいという願望があるからだと考えているわけで世の中の兄を持つ妹様様に夢を見てるんじゃねぇと言われることは覚悟のうえで世の中の妹を持つ兄上様様に妹なんか目の前で臑毛処理してて全然可愛くないと現実を突きつけられることを承知の上で私はそれでもシスコンな(優しくてかっこよくてイケメンで頭の良い)お兄ちゃんが欲しかったと夢を見続けているわけで。


お兄ちゃんドリームに幸あれ。