お肉の中でも牛肉って特別だよね



「今日の夕飯は何?」って親に聞いて、「お肉」って言われると少しハッピーな気持ちになる。なんでかわからないけどヤッター!!って心がある。でも豚バラの野菜炒めって言われるとちょっと残念。鳥つくねも特別なハッピーは感じない。牛肉の焼肉だよって言われると極めてハッピーになる。なぜかわからないけど牛肉は私にとって特別な食材なんだ。

f:id:ponkotukko:20151023194030j:image

フライドチキンだって好きだし、豚の角煮だっておいしい。でもローストビーフが出たときの胸の高鳴りは格別なんだ。それは他のお肉より牛肉が高価だからかもしれないし、塊肉=牛肉みたいなイメージがあるからかもしれない。だけどそれでも特別な時間には、一番ビーフを食べたいと思うんだ。

ただ焼いて塩胡椒でも充分美味しい。タレで濃いめの味付けにして白米をパクパク食べたい。一般家庭の日常生活において牛肉はなかなか出てこないだろう。だって高いんだもの、簡単に手は出せないよ。だからこそ牛肉はとびきり素晴らしい。例えばこんな花金の夜にはいきなりステーキに行っていきなりビーフステーキを食べたり、牛挽き肉100%のハンバーグを食べたいんだ。できれば口いっぱいに頬張って滴る肉汁を余すことなく満喫したいよね。ローストビーフには醤油仕立ての玉ねぎソースをたっぷりとかけたいね。


やっぱりお肉の中でも牛肉は特別だから特別な日に特別な人と特別な牛肉を食べて特別な時間をすごせたら一番良いよね。