どんな問題も孤独じゃなければだいたい乗り越えられる



孤独になるとどうしても物事を悲観的に捉えてしまうし考えてしまう、人間ってそういうふうにできているんだと思うのね。


本当は今回は「12月に焦って恋人をつくるのはやめたほうがいい」というテーマでブログ書こうと思ってたんだけど、ちゃんと考えてみたら冬だし寒いしクリスマス年越しで誰かと一緒にすごすことを強いられているような気がしてさみしくなるのは当たり前だしそりゃ焦るわって思うんだ。そもそも焦るのは孤立感や孤独に迫られるからだよね。それくらい孤独って怖いんだ。

なんか問題にぶち当たったときに相談できる相手がいるかって結構大事で、問題が直接解決に至らなくても自分の気持ちを受け止めてくれると感じられるだけで人は救われるときがある。そりゃお金や健康のことなら専門家に頼ることも必要だからね。

逆に言ってしまえば問題が起きたときに最低限必要なのが人とのつながりとも言えるかもしれないわね。何も問題がなくても人は孤独だといずれ死ぬからね。


だからネットでも何でも縋れるものに縋りたくなるのもわかるよね。だって孤独はつらいからね。でもクリスマスにむけて無理矢理恋人を作ってもあまり長続きしなくて別れた後追い討ちをかけるような孤独感を背負わないといけなくなるからやめたほうがいいね。いや、経験談じゃありませんからね。