読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズメを見かけることが減った



鳥になってみたいと思うことがある。小さくてもいいから空を飛んでみたい。幼いころはスズメや鳩を見ながらそんなことを良く考えていた。スズメは小さくて可愛い。冬になると膨らむのはふくら雀と言って羽毛の間に空気を取り込んで暖をとっているのだそうだ。スズメは警戒心が強いので、3mも近づけば離れていってしまう。スズメは可愛い。

f:id:ponkotukko:20160106200801j:image

最近スズメの姿を見かけることが減ったと感じているのは私だけだろうか。鳩やカラスは良くいるんだけど、なんだか街中に当たり前にいたはずなのにここ一、二年であまり見かけなくなった。スズメは雨や台風のときどこで過ごしているんだろう。いったい何を食べているんだろう。もしかしたら都市部にはスズメにふさわしい環境がなくなってきたのかもしれないな。それとも私がスズメのいるような場所に行かなくなっただけなのかな。

付かず離れずの関係だったスズメ。見かけなくなってしまうとさみしいものだ。



そんな言葉を呟くそばでツバメが私のことを笑っている。