読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの代わりはいないので


部屋の掃除をしていたら短い毛が出てきてこれは自分の毛ではないと昔のことを思いだした。

毎日この部屋で同じ時間を過ごした。一緒にいられるだけでよかった。少し臭いところも好きだった。隣で横になってくれるとあたたかくて安心していつも抱きしめていた。私の心を潤して、私の心をあたためて、でも私は自分のことばかり大切にしてあなたのことを大切にできていたかな。

なくしてから気づくたくさんのこと。失わないと気づけなかった色んなこと。新しく出会うこともあったけどやっぱりあなたの代わりはいないので。あなたの代わりはいないので、