もはやAmazonがなくては生きていけない

 

Amazonを利用するようになったのは何年前なのか定かではないけど、外出の際に必要なペットボトル飲料はもっぱらAmazonで購入している。

 

もはやAmazonがなくては生きていけないレベルに到達しようとしている。車社会ではないシティTokyoでは重たいものや入手困難なものはネット通販を利用するのが一番手っ取り早い。私たちがおじいちゃんおばあちゃんになったとききっと今よりネット通販は浸透している。スーパーに行って重たい牛乳や油を汗だくになりながら買ってかえるよりも通販のほうが身体にも心にも優しい。本当は今のおじいちゃんおばあちゃんももっとネット通販を活用できたらいいなと思うんだけど、スマホとか使いづらいのよねという意見も聞くし確かにな〜とも思うのよね。

 

私はまだおじいちゃんおばあちゃんではないけど食べ物とか本とかAmazonを頼りにしている。Amazonがなくては生きていけない...というのは言い過ぎかもしれないけど一日何も食べなければ生きていけるとかそういう極限の生活になってしまっていたと思う。

 

ほしいものリストというやつを作ってみたが、こんだけほしいものあるならまだ頑張って生きる意味もあるなと、すぐ極論にもっていってしまうのは私の悪い癖なのだけど、それでもAmazonに生活を助けられている部分が多分にあるし、ほしいものを得られるような頑張りをなんとかやっていきたい。