誰もが色んな枠の中で悩みながら生きている

 

 

それは家族との仲であったり学歴であったり恋愛であったり色んなものがある。悩まない人間なんていないと思う。大なり小なり悩みがある。そうわかっていながらも他人より悩ましく感じてしまうときがあるのは、私が彼らの悩みの枠を知らないからだ。

 

そもそも悩みの内容なんて仲が良かったりしないかぎりは他人に話したりなんてしない。それでも経験上あの仕事の内容だろうかとか彼氏との関係だろうかと推測くらいはできる。推測しても言及する必要があるかどうかいつもみんな無意識に考えて関心か無関心を装うか選んでいる。そう考えると自分を見守っている人ってたくさんいるんじゃないかと思い少しだけ満たされる。

 

あいつは悩みがなくていいなとよく言われる人だってその人なりに悩んでいる。本当に真から悩みのない人っているのかな。いたらそれもすごいけど、私達は悩みながら頑張って自分の生き方とか見つけ出そうとしたり行動に移そうとしている同じお悩み人であるので、同じ人がいるんだっていう気持ちを大切にしていきたい。

 

 

個人の話をすると、先日久しぶりに(というか5、6年ぶりの)友人と会った。お互いいろいろ変わったところと変わってないところがあって、とにかく懐かしく話したりした。色んな人と疎遠になっていた時期が私にはあって、それは彼女に対してもそうで、それは私がうつ病だったからなんだとスラッと溢れ落ちるように彼女に伝えた。あっやばいと思ったけど「そうだったんだ。そんな気もしてたよ。ポンコは真面目だから頑張りすぎないでね。」と言ってもらえて、なんというかそれまで悩んでいた病気によって疎遠になってしまった、自分が勝手に距離を置いてしまっていた人に、これまで生きてきた私という存在を肯定してもらえたような気がしてとても嬉しかったんだ。その場では「ありがとう」って言うのが必死で帰り道に少し泣いた。

ずっとずっとなんで病気になったんだろうと自分を責めたり他人を責めたりそれでもやっぱり自分を責めたりしてずっとネガティヴのループに入っていて。そんなみっともない自分を他人に見せるのが嫌で、色んな人と距離をとっては寂しいって泣いたりしてきたアホだからさ。私は本当に自分のことばかりでアホだった。もっと他人の気持ちを大切にできるようになりたい。

だから自分はなんで病気になったんだ、なぜ自分なんだって責めすぎていじけたりするときがあったとしても、自分の周りの人達みんな大なり小なり自分と同じ様に悩んでいるんだって励ましあいながら生きていきたい。病気以外にも世界にはたくさんの悩みがあって、みんなそういうのと目を逸らしたくなるときがあったり闘ったりしながら頑張っている。そういう人との繋がりを宝物にしながら生きて、死んでいきたい。